東川口で地域NO1!9万件以上の実績を活かし症状を改善する整骨院。

はせがわ整骨院


シンスプリントとは?

シンスプリントとは正式には「脛骨過労性骨膜炎」(けいこつかろうせいこつまくえん)と言い、すねの内側の骨を包んでいる膜=骨膜というところが筋肉により引っ張られて炎症を起こしている状態を指します。

主にすねの内側の痛みを訴えることが多いですが、時により前側や外側に痛みを感じることもあります。

↓の図の赤丸の部分に痛みを訴える場合がほとんどです。


シンスプリント.png

なぜシンスプリントは起きてしまうの?原因は?

基本的には使いすぎが原因として挙げられます。特に多いのがマラソン等の陸上競技・バスケットボール・サッカーなど走る量が多いスポーツに好発します。
 
走りというのは自分の体重を加速させなければいけないので、股関節~足先にかけての筋肉に負担がかかります。また、歩きと違い、走る動作というものは一度体が完全に宙に浮く時間があるため、その着地時の衝撃を和らげるために関節だけではなく、筋肉にも莫大な負担がかかっているのです。
 
そのような負担が少しずつ積み重なってくると、筋肉は硬くなり短縮します。筋肉は骨から骨にくっついているので、硬くなって短縮してしまうと骨が引っ張られてしまうのです。厳密にいうと骨自体を引っ張っているわけではなく、骨膜という骨を包んでいる膜が引っ張られて炎症を起こしてしまいます。

これがシンスプリントの正体です。
 
また、使いすぎだけが原因ではありません。間違った体の使い方=フォーム不良によるものもものすごく多いですし、靴があっていないなども考えられます。このように、原因は一つではないので、筋肉をほぐしたり安静にして痛みが無くなったとしても、こういった原因を根本的に解決しなければ繰り返してしまうのです。
 
当院では、筋肉や筋膜の治療を行うだけでなく、再発防止のトレーニングやフォームチェックなどもしっかりと指導します。一時的な緩和ではなく根本的な解決を目指しています。
 

シンスプリントの症状

シンスプリントの症状です。代表的なものに以下のものが挙げられます。当てはまるものはないでしょうか?
  • すねの内側が痛い
  • 走ると痛む・練習した後に痛む
  • ちょっと休んで痛みが無くなっても、復帰するとまた痛くなる
  • すねの内側を押すと痛い
 

疲労骨折になる可能性も!

シンスプリントを無視してプレーを続行させてしまうと、すねの内側の骨の疲労骨折につながる可能性もあります。

先ほどもお話しした通り、着地時には関節だけでなく、筋肉にも莫大な負担がかかります。すねの骨はまっすぐになっているわけではなく、少したわんでいる状態になっているので、着地した際には基本的に同じ部位に負担がかかってしまいます、その衝撃が積み重なると、針金を繰り返し曲げ伸ばしすると折れてしまうように、骨に亀裂が入ってしまいます。これが疲労骨折です。

 
痛みがあるからと言ってすぐにレントゲンを撮っても異常が見られない場合が非常に多いです。2~3週間安静にしてもなかなか痛みが変わらない場合は再度検査すると今度ははっきりと異常が認められる場合があります。
 
これは仮骨(かこつ)といって、骨をくっつけるボンドのようなものがレントゲン上にはっきり出てくるのが2週ぐらいたってからなので、当初は見られないのです。最初に検査しても異常がなくてもなかなか痛みが取れない場合は再度検査をすることをお勧めします。
 
症状から見ても、基本的にはシンスプリントは運動時のみや運動後に痛むことが多いのですが、疲労骨折に移行している場合は、運動していなくても痛んだり、歩くだけ・立っているだけでも痛みがある場合が多いです。自分はシンスプリントだと思っていても、これらの症状が当てはまる場合は疲労骨折になっているかもしれません。
 
当院では、筋肉や筋膜の治療を行うだけでなく、再発防止のトレーニングやフォームチェックなどもしっかりと指導します。一時的な緩和ではなく根本的な解決を目指しています。

患者さんの体の特徴や練習内容に合わせて、休養期間やトレーニング・ストレッチなどを個々にしっかりと指導いたします。
 

はせがわ整骨院のご案内

住      所:
〒333-0801
埼玉県川口市東川口3丁目6-32
アクセス:
JR武蔵野線・埼玉高速鉄道東川口駅より徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
048-299-6722
休業日:
日曜日、祝祭日
営業時間:
【月~金】
9:00~12:30/15:00~20:00
【土曜日】
9:00~12:30

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ