東川口で地域NO1!9万件以上の実績を活かし症状を改善する整骨院。

はせがわ整骨院


捻挫(ねんざ)とは?

捻挫(ねんざ)はスポーツ時はもちろん、それ以外の日常生活でもよくみられるもので、関節をねじってしまうことにより、関節を支持している靭帯(じんたい)が伸ばされたり切れてしまうものを指します。

l_049.jpg
 

なぜ捻挫は起きてしまうの??


段差につまずいたり、ぬかるみに足を取られたり、スポーツ時に倒されたときに等、関節が正常の可動範囲以上に動かされると、その関節の周りの靭帯や筋肉、関節包という関節を包む膜などに障害が起こります。
 
スポーツ時や日常生活の急なケガというのもありますが、その背景として考えなければいけないのが、筋力不足やアンバランスです。よく見られるのが腓骨筋(ひこつきん)というすねの外側の筋肉の弱体化です。ここは足首を内側にひねらないようにする筋肉なのですが、ここが弱かったりすると捻挫しやすい状況になってしまいます。
 
特に、一度捻挫をしたことがあり痛みだけ取って治療を終えた、もしくは放置してそのままよくなった。という方はこの筋肉が弱くなっている可能性があります。捻挫を繰り返さない・起こさないようにするには、足首周りの筋肉はもちろん、この筋肉を特に鍛えていかなければなりません。
当院では、痛みをとるだけでなく、こうした再発防止のトレーニングなどもしっかりと指導します。

捻挫の損傷具合による分類


捻挫はその損傷具合によって次のように3つに分類することが出来ます。

Ⅰ度損傷
靭帯の表面のわずか一部分の断裂、もしくは引き延ばされた状態。
症状としては、軽度の「腫脹(はれ)・痛み・皮下出血・機能障害(動きが悪くなったり体重をかけづらくなったり等)」を認めます。
Ⅰ度だから軽度とは限りませんので、しっかりと治療することが必要です。
 
Ⅱ度損傷
靭帯の部分断裂を起こしている状態。
症状としては中等度の「腫脹(はれ)・痛み・皮下出血・機能障害(動きが悪くなったり体重をかけづらくなったり等)」を認めます。
ここでいう中等度というのはあまり気にしなくていいです。というのも、このステージになると結構強い痛みと腫れが出たりするので、「中」という言葉に惑わされないようにしましょう。なかにはこのステージになると捻挫と併発して裂離骨折(れつりこっせつ=靭帯がくっつく骨が引っ張られて引き裂かれて骨折すること。)を起こすこともしばしばです。
 
Ⅲ度損傷
靭帯の完全断裂。
この状態になると歩行はおろか立つのも困難になることが多いです。関節の不安定感をの押すこともあるので、しっかり固定してもいい状態にならない場合、手術をすることもあります。
 
 
よく、骨折じゃなくて捻挫だからよかった。という声も聞きますが、必ずしもそうとは限りません。捻挫も靭帯を損傷しているれっきとしたケガなのです。固定しないで放置したりすると、クセになったり不安定さが残ります。当院では、しっかりと固定を行い、リハビリも最後までしっかり行います。
 
最後の試合でどうしても出なければならない・・・など特別な状況下でも、テーピングなどを用いて応援することもできますので、ご相談ください♪

はせがわ整骨院のご案内

住      所:
〒333-0801
埼玉県川口市東川口3丁目6-32
アクセス:
JR武蔵野線・埼玉高速鉄道東川口駅より徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
048-299-6722
休業日:
日曜日、祝祭日
営業時間:
【月~金】
9:00~12:30/15:00~20:00
【土曜日】
9:00~12:30

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ