東川口で地域NO1!9万件以上の実績を活かし症状を改善する整骨院。

はせがわ整骨院


各症状について: 2016年8月

離断性骨軟骨炎

離断性骨軟骨炎(りだんせいこつなんこつえん)とは肘の外側が強くぶつかることで起きる上腕骨小頭の障害です。関節軟骨の下の骨が剥離、又は連続性が低下しているものをさします。若年のピッチャーの野球肘のうち約...

続きを見る

内側支持機構の障害

内側支持機構とは内側上顆と肘の内側の靭帯、そしてその靭帯がくっつく下の部分(尺骨鉤状結節と言われる場所)から構成されています。これらが肘の内側の安定を保っているのです。野球肘ではこの部分の損傷・障害も...

続きを見る

上腕骨内側上顆の障害

野球肘の中で、とても多くみられるものです。特に骨の成長途中にある16歳くらいその中でも12歳までの小学生に多く見られます。内側上顆には靭帯と筋肉が付着している上腕骨内側上顆(じょうわんこつないそくじょ...

続きを見る

野球肘とは?

野球をしている選手、野球をしている子を持つ親御さんなら一度は耳にしたことがある野球肘という言葉。野球肘って何?そんな疑問にお答えします♪各症例ごとに少しづつページを増やしていきますので、参考にしてみて...

続きを見る

ケガをした時の応急処置のしかた

スポーツにはケガが付き物。デッドボールや肉離れ、もしかしたらコンタクトプレーで骨折や脱臼をしてしまうかも知れません。そこで必要になってくるのが現場での「応急処置」。言葉はよく聞くけれど、実際にはどれが...

続きを見る

捻挫(ねんざ)とは?

捻挫(ねんざ)はスポーツ時はもちろん、それ以外の日常生活でもよくみられるもので、関節をねじってしまうことにより、関節を支持している靭帯(じんたい)が伸ばされたり切れてしまうものを指します。 ...

続きを見る

打撲(だぼく)とは?

打撲(だぼく)はスポーツ時はもちろん、それ以外の日常生活でもよくみられるもので、簡単に言うと打ち身です。身体に外力をうけておこります。皮膚表面の軽度のものから、深部組織に至るまで、外力の加わった方向や...

続きを見る

脱臼(だっきゅう)とは?

脱臼とは関節を作っている骨と骨の位置関係がずれてしまったものです。完全に脱臼してしまったものと少しずれてしまったもの(亜脱臼)にわかれます。スポーツ時にタックルされた際などによく起こり、子どもの肘の脱...

続きを見る

骨折(こっせつ)とは?

骨折(こっせつ)はその名のとおり、骨が折れてしまうものです。イメージ的には下の図のように「バキッ」と折れているものをイメージすると思いますが、一般的に「ひび」と言われているものも骨折に入ります。手をつ...

続きを見る

シンスプリントとは?

シンスプリントとは正式には「脛骨過労性骨膜炎」(けいこつかろうせいこつまくえん)と言い、すねの内側の骨を包んでいる膜=骨膜というところが筋肉により引っ張られて炎症を起こしている状態を指します。主にすね...

続きを見る

はせがわ整骨院のご案内

住      所:
〒333-0801
埼玉県川口市東川口3丁目6-32
アクセス:
JR武蔵野線・埼玉高速鉄道東川口駅より徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
048-299-6722
休業日:
日曜日、祝祭日
営業時間:
【月~金】
9:00~12:30/15:00~20:00
【土曜日】
9:00~12:30

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ