東川口で地域NO1!9万件以上の実績を活かし症状を改善する整骨院。

はせがわ整骨院


当院の交通事故治療

むちうちなどの交通事故によるケガもおまかせ下さい。

7ef17e30a89d8cb48f50e06ae68254fa_s.jpg
交通事故でケガをした場合、整骨院でも治療をすることができます。自賠責保険適応の場合、患者さんの窓口負担は0円です。

当院では、お体の事はもちろん、事故の書類関係の事や各種手続きなど、患者さんが納得するまで丁寧に説明させて頂きます。

交通事故治療はほとんどの方が初めて事故に遭われたというケースが多いです。なにもわからないのは当然のことなので、少しでも疑問に思うことや不安なことがありましたらどんどん質問して下さい。

 

自賠責保険適応の場合、窓口負担0円です

自賠責保険とは
自賠責保険(自動車損害賠償責任法)とは自動車事故による人身事故の被害者を救済するための全ての自動車に付けることが義務付けられている保険です。(=強制保険とも)。

尚、この自賠責による保証は人身事故による損害に限られ物損は対象外です。人身事故扱いにするには警察を必ず呼んで立ち合いをしてもらい、交通事故証明書を発行することが必要です。

 

交通事故にあった時の手続きを詳しく説明します

交通事故に遭ってしまったら・・・
万が一交通事故に遭ってしまったら、どうしたらいいのでしょうか。大半の方は初めてだと思いますので、事故の直後・その後の手続きに対してわからないことだらけで不安だと思います。

当院では、事故直後から保険会社とのやり取りまで、納得のいくまで説明いたします。
以下に交通事故に遭ってしまった場合の手続きを簡単にまとめましたので、参考になれば幸いです。
 

1.警察へ必ず届け出る

どんな些細な事故であっても必ず警察に届けましょう。その場は痛みがなくても後日に痛みが出てきて泣き寝入りするケースもあります。また、交通事故で治療を受ける場合警察が発行した「交通事故証明書」が必ず必要です。

警察に届けることで後日交通安全センターから発行されます。交通事故を起こして警察に届けないと交通事故証明書が発行されず、自費での治療になりますので、必ず警察に届けましょう。
 

2.相手の確認

相手の車・バイクのナンバー、住所、氏名、連絡先、任意保険の有無、保険会社名等、 相手の情報を詳しく聞きます。中には警察に連絡するふりをして逃亡してしまうケースもありますので、ナンバーは一番最初に確実に控えましょう。
 

3.ご自身の保険会社へ連絡

ご自身の保険会社に交通事故に遭った旨を伝えましょう。被害者の場合、主に相手の保険会社とのやり取りになりますが、その際、治療は病院で受けるように言われることがあります。

しかし、どこで治療を受けるかは患者さんの自由なので、自分の納得できる所で治療を受けましょう!保険会社には「東川口のはせがわ整骨院」で治療しますとお伝え下さい。


保険会社から「そこでは治療費をお支払できません」と言われた場合は直接当院にご相談下さい。直接交渉いたします。
 

4.病院へ行きましょう

整形外科などの病院に必ず行き、診断書を書いてもらいましょう。(痛い部位を全部診断書に書いてもらう事が大切です。書いてもらわないと治療できる部位が減ってしまう恐れがあります)
 
先に当院に来て頂いても大丈夫です。当院と提携している整形外科に紹介状を書き、そこで診断書を書いて頂きます。
 

5.一緒に治療を頑張りましょう

交通事故に遭ってしまうと書類や連絡などすべきことがいっぱいです。ただ、痛めてしまったお体が一番大切ということを忘れてはいけません。

当院では、患者さんに治療以外での負担をなるべくかけないようにするため、何かわからないことを保険会社に言われた場合は整骨院に話を振って頂くようにしています。協力できるところはこちらと保険会社でやり取りを致します。

痛めてしまったところを一日でも早く回復させるために頑張っていきましょう!交通事故でお困りの方はお気軽に当院へご連絡ください。患者さん一人ひとりに最もふさわしい解決策を一緒に考えさせていただきます。
 
 

整形外科との連携治療~後遺症の認定など~

診断書は整形外科で!
交通事故の治療の際、相手の保険会社から診断書を求められる場合があります。整骨院でも診断書を書くことはできますが、「整形外科ではないとダメだ」と保険会社から言われてしまうことがあります。

なので、整骨院で治療をしたい場合でも、整形外科で診断書を作成してもらいましょう。
また、この診断書に痛みがあるすべての部位を書いてもらうようにしましょう。

たまに、両方の肩関節が痛いのに、首一か所にまとめられて作成されてしまう事があります。この場合、実際に痛いのは2か所なのに、保険会社から診断書は一か所しか書いてないので2か所の治療はできないと断られてしまうケースもあります。必ず痛い場所すべてを記入してもらいましょう。

 
そして、後遺障害認定の書類を記入してもらうのは整形外科でないとできません。最初の一回整形に行っただけではその後の症状の変化がお医者さんにわからず書けない恐れがあります。あってはいけない事ですが、万が一後遺症が残ってしまった場合、この後遺障害認定の書類を確実に書いてもらうために、少なくとも月に一度は整形外科を受診し、経過を報告しましょう。

はせがわ整骨院のご案内

住      所:
〒333-0801
埼玉県川口市東川口3丁目6-32
アクセス:
JR武蔵野線・埼玉高速鉄道東川口駅より徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
048-299-6722
休業日:
日曜日、祝祭日
営業時間:
【月~金】
9:00~12:30/15:00~20:00
【土曜日】
9:00~12:30

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ